【英語活用・外資系企業|おすすめ】転職サイト・転職エージェントの選び方

転職

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xs873588/kikkakenavi.com/public_html/wp-content/plugins/rich-table-of-content/functions.php on line 490

私は人材業界に携わり、英語を生かして働きたい方の転職支援を行ってきました!

そこで、今回は「英語を生かした仕事に就きたい」、「外資系・日系グローバル企業に転職を考えている方」におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します!
「英語を生かせる仕事はどうやって探せばよいかわからない」「今のご時世で外資系企業への転職に迷っている」「転職活動が初めてで不安」という方に向けた記事です!

【英語活用・外資系企業|おすすめ】転職サイト・転職エージェントの選び方

はじめに、私は今の仕事に不安を抱えているのであれば、「英語が活かせる仕事」や「外資系企業に転職をすること」をおすすめ致します!
その理由は、英語は世界で最も使用されている言語で、世界をマーケットに働きことができるからです!
日本は現在、少子高齢化で、今後人口減少が見込まれ、人口が減るということは日本のマーケットが縮小することになります。
よって、「英語がビジネスレベル」や「外資系企業で勤務経験がある」ということで、市場価値を上げられる可能性があります!

それでは、おすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します!

転職エージェント|メリット

①無料でキャリアアドバイザーが、転職の相談を聞いてくれる
②希望に沿った求人を紹介してくれる。

転職サイト|メリット

①転職サイトにしかない求人も多数存在
②登録しているとスカウトメールで求人を紹介してくれる。

【1】英語生かしたい|外資系・日系グローバル企業/おすすめの総合転職エージェント

リクルートエージェント


※画像は公式サイトのスクリーンショットです。
【メリット】
(1)言わずと知れた業界№1の転職エージェントで、英語が活かせる仕事や外資系企業の求人も多く扱っている。
(2)一般の求人サイトには無い、非公開求人が10万件以上あります。(2020年8月時点)
登録すれば、求人の選択肢が増えるので、おすすめです!
(3)業界ごとに担当のキャリアアドバイザーがおり、的確なアドバイスをくれます!
キャリアアドバイザーも顧客アンケートの満足度を意識していますので、親身になって、
カウンセリングを実施してくれます!
【デメリット】
(1)多くの案件がある分、しっかりと自分の希望を伝えることが大切になります!

dodaエージェント



出典:doda公式サイト
※画像は公式サイトのスクリーンショットです。

【メリット】
(1)転職エージェントと転職サイトの併用がしやすい。
※登録をするだけで、効率よく転職活動を行えます!
(2)求人数もリクルートエージェントに次ぐ、業界2位の多さ。
(3)キャリアアドバイザーが熱心に面談を行ってくれる。
【デメリット】
(1)正直デメリットが見当たらない。登録に強くおすすめする転職エージェント

ビズリーチ


出典:ビズリーチ公式サイト
※画像は公式サイトのスクリーンショットです。

【メリット】
(1)ハイクラスの求人を多く扱っている。※外資系企業や英語が活かせる求人も多数。
(2)ヘッドハンティング型のスカウトサービスで、企業から個人ごとにオファーメールが届く。
(3)経歴を見た中で、面接確約のオファーが多い。
【デメリット】
(1)無料のサービスより、有料のサービスの方がより良い求人に出会える可能性があります。
※転職先を3か月以内決めたいなど、転職に対する意思の高い方を有料サービスを利用することをおすすめします。

【2】英語生かしたい|外資系・日系グローバル企業への転職支援に強い転職エージェント

JACリクルートメント



出典:JACリクルートメント公式サイト
※画像は公式サイトのスクリーンショットです。

【メリット】
(1)国内大手企業や外資系企業の求人を多く扱っている。
(2)企業担当と求職者担当を1人のアドバイザーで対応しているので、面接対策や企業情報の収集がスムーズに行える。
(3)外資系企業・コンサル系企業で多くの転職支援実績がある。
【デメリット】
(1)ハイクラスの転職エージェントのため。未経験者にはおすすめしない。

ロバート・ウォルターズ


出典:ロバート・ウォルターズ公式サイト
※画像は公式サイトのスクリーンショットです。

【メリット】
(1)ロンドンで創業した外資系転職エージェントで、日本では20年の実績もある外資系/日系グローバル企業への転職支援に強い。
(2)世界の主要都市31ヵ国で拠点があり、世界とのネットワークが優れている。
(3)正社員・契約社員・派遣社員のキャリアアップを支援している。

(4)世界の有名企業から、ベンチャー企業・中小企業まで幅広い企業の求人を取り扱っている。

【デメリット】
(1)ハイクラスの転職エージェントのため。未経験者にはおすすめしない。

【3】英語生かしたい|外資系・日系グローバル企業におすすめの転職サイト

リクナビNEXT



出典:リクナビNEXT公式サイト
※画像は公式サイトのスクリーンショットです。

【メリット】
(1)業界トップクラスの求人数:求人も多く、リクナビNEXTのみの掲載企業も多く、必須で登録した方がよい。
(2)スカウトメール機能があり、忙しくても求人の案内が来るので、定期的にメールをチェックするだけでOK。
(3)リクルートエージェントの求人も掲載されている。
※キャリアアドバイザーと面談ができない方でもリクルートエージェントの求人が閲覧可能。
【デメリット】
(1)求人数が多いため、登録によっては多くの求人がメールで届く可能性がある。
※対処法:
①メールを確認する時間をあらかじめ決めておくと良い。
②転職活動用のメールアドレスをつくり、連絡先として設定すると良い。
【3】英語生かしたい|外資系・日系グローバル企業へのおすすめの転職活動方法

最後に、英語を活かして働きたいという方や外資系・日系グローバル企業へ転職を検討されている方は、外資系・日系グローバル企業に強い転職エージェントもしくは、
ハイキャリア層の転職エージェントを利用することをおすすめいたします。
外資系企業・日系グローバル企業に特化した転職エージェントは企業や業界への理解が深く、企業や業界ならではの選考フォローを行ってくれる可能性があるので、おすすめです!

また、今後少子高齢化で、マーケットが縮小する日本だけでなく、英語圏や世界をマーケットにしている企業で働くことで、あなたにとって、きっとメリットになると思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました